痛くないVIO(ハイジニーナ)医療レーザー脱毛

VIO脱毛の現状

VIO脱毛は今や多くの女性が積極的におこなっているアンダーヘアの脱毛です。別名、ハイジニーナ脱毛と呼ばれており、衛生的という意味があるハイジーンという言葉が変化した言葉だといわれています。

とくに、学生を終えて社会人になった20代の女性の利用者が多く、金銭的にも精神的にも余裕が出てきてからVIO脱毛をおこなうというパターンが主流です。しかし、近年ではその割合に変化が起こっているいわれています。

まずは、料金の低価格化が進んだ影響からか、利用者の10代の利用者が増えています。とくに異性の目を気にする年頃である女子高生の利用者は多くなってきています。

また、30代以降の女性の利用者も増加傾向にあります。ほかにも、老後に介護されることを念頭に置いた50代~60代の女性の利用者も増えており、あらゆる年代の女性がVIO脱毛を利用するようになりました。

VIOってどの部分?

Vライン

Vラインはショーツを履いたときにできる、股下から腰骨にかけてできる三角形のラインのことを指します。サロンによっては、Vゾーンやトライアングルといわれることもありますが、意味は同じです。


ただし、ショーツ上部にはみ出した毛を、Vライン上部と呼ぶことがあり、Vラインと区別されることがあるので、お手入れを希望される方は事前に確認しておきましょう。

Iライン

Iラインは女性器両サイドの縦に伸びたラインを指します。ここは自分で確認やお手入れすることがとても困難な場所です。しかし、Iラインをお手入れすれば衛生面に効果抜群で、特に生理のときの臭いやかぶれを軽減することができます。


ただし、IラインはVIOの中でも皮膚にトラブルを抱えている確率が高いエリアです。そういった場合には、皮膚の状態を改善してから治療スタートになります。

Oライン

Oラインは肛門周辺のラインを指します。また、OラインはIラインよりも自分で確認やお手入れをするのが困難なエリアであり、実際にご自分のOラインがどうなっているか確認したことがある方はそれほど多くないでしょう。


それほど毛が多くないエリアではありますが、個人差がありますので注意が必要です。また、Vライン、Iラインと一緒にお手入れをされることが多いエリアでもあります。

VIO脱毛に関する基礎知識

VIO脱毛の比較

医療脱毛 脱毛サロン WAX脱毛
効果 永久脱毛の効果が期待できる 効果を感じにくい 期間限定
痛み 濃い部分は傷みが大きい さほどない 一瞬に大きな痛みがある
費用 約10万円 約10万円 約1万円

脱毛が大きく分けて、3つの種類にわけることができます。それが、医療脱毛、脱毛サロン、WAX脱毛です。医療脱毛と脱毛サロンはともに光を照射して脱毛をおこないますが、その効果に大きな差があります。

それぞれに特徴がありますので、自分にあった脱毛方法を選びましょう。

確実な効果、安心面で選ぶなら医療脱毛!

人気の医療レーザー脱毛ランキング

医療レーザー脱毛
クリニックランキングはこちら