痛くないVIO(ハイジニーナ)医療レーザー脱毛
VIO(ハイジニーナ)医療レーザー脱毛 > VIO基礎知識 > 知らないと危険!VIO脱毛後に注意するべきこと

知らないと危険!VIO脱毛後に注意するべきこと

最近注目が集まり人気の出てきた「VIO脱毛」ですが、脱毛後にきちんとしたケアをしないと、シミになってしまったり、炎症の原因になってしまうなど、肌トラブルを起こしてしまうのです。
また、間違った自己処理は脱毛の効果自体も減少させてしまいます。
今回は脱毛後にすべきケアや、間違ったケア、気を付けるべき期間をまとめます。

脱毛後の正しいケア

・肌を冷やす

施術後、自宅に帰ってもほてりや炎症が治まらない場合は、タオルを冷やしたり、冷水をあてたりして脱毛した部位を冷やしましょう。
保冷剤や氷をタオルで包んで患部に当てるのも効果的です。
病院やクリニックで医療レーザー脱毛をした場合は、軟膏を処方してくれることが多いようです。
毛穴が赤く炎症しているなどの症状は、ほとんどの場合が1週間程度で症状が治まってきます。
ただし、肌全体が赤くなっていたり、3日経ってもヒリヒリしていたかったりかゆみがある場合は、脱毛によるやけどが起きているかもしれないので、すぐに病院やクリニックに連絡しましょう。
サロンでの脱毛の場合は、脱毛後のドクターサポートを完備しているところとしていないところがあるので、契約時にしっかり確認しておきましょう。

・保湿クリームや軟膏で肌をケアする

脱毛後は肌が乾燥しているため、保湿は必須です。
乾燥している肌は痛みに敏感になっているので、脱毛効果が薄れてしまいます。
そのため、しっかり保湿していないと2回目以降の照射を断られてしまうこともあります。
せっかく契約したのですから、脱毛完了するまで通いたいですよね。
なので、脱毛中は施術当日のみじゃなく、期間中毎日しっかり保湿しましょう。

脱毛後に避けるべき行動

体を温める

脱毛後の肌は熱を持っています。
そのため、さらに体を温める行動は肌の赤みの回復を長引かせるので避けましょう。
脱毛当日は、運動や飲酒・お風呂は避け、自己処理もやめましょう。

運動や飲酒は翌日からはしても大丈夫ですが、お風呂の入浴は3日ほど避けたほうがいいでしょう。
それまではぬるめのシャワーで、手のひらで優しく洗うようにしましょう。
また、温泉やサウナなどの公共施設での入浴は1週間ほど空けたほうがいいでしょう。

毛抜きやカミソリでの自己処理

毛を抜いてしまったら、光やレーザーが当たらず同じ毛根から毛が生えてきてしまい脱毛効果がなくなってしまいます。
カミソリで剃ることも炎症や肌荒れの原因になるので避けましょう。
脱毛後の自己処理は、顔用シェーバーで力を入れずに剃ることをおすすめします。
シェービング後はしっかり保湿を忘れずに行いましょう。
また、脱毛後の自己処理は、2週間ほど経ってからにしましょう。

まとめ
施術の際に人に見せるのが恥ずかしいデリケートな部分を、せっかく勇気を出して脱毛を始めたのですから、正しいケアで肌トラブルなく効果的に脱毛しましょう。
ただし、脱毛後のケアやNG行動を避けるべき期間は、サロンや病院・クリニックによって決められている日数が違うので、脱毛時に詳しく確認するようにしましょう。

確実な効果、安心面で選ぶなら医療脱毛!

人気の医療レーザー脱毛ランキング

医療レーザー脱毛
クリニックランキングはこちら