痛くないVIO(ハイジニーナ)医療レーザー脱毛
VIO(ハイジニーナ)医療レーザー脱毛 > VIO基礎知識 > 【必見】妊娠中のVIO脱毛には注意!

【必見】妊娠中のVIO脱毛には注意!

近年はかわいい下着や水着に挑戦できるとのことで、VIO脱毛に人気が集まってきています。
女性ならではの脱毛だと思いますが、もし脱毛に通っている途中に妊娠したらどうなるのでしょうか?
デリケートゾーンの脱毛ですから、胎児の影響が心配ですよね。
今回は妊娠中の脱毛について調べてまとめます。

妊娠中に脱毛はできるの?

妊娠中は、施術方法に関わらず、基本的に脱毛を中断することが多いようです。
やはり胎児に影響するのでしょうか?

妊娠中の脱毛が断られてしまう理由は、胎児や母体への影響があるからではないのです。

脱毛をする際、一番重要なのが「毛の周期」です。
毛の周期はホルモンバランスによって変わってくるので、脱毛に適している時期がわかりづらくなってしまうのです。
最適な時期に施術をしなければ、脱毛の効果が得られなくなってしまうので、時間もお金も無駄になってしまいます。
また、妊娠中は皮膚も敏感になっていて肌トラブルや炎症が起きやすかったり、痛みを感じやすくなっているというのも理由の一つです。
これは、VIO脱毛に限らず、全身の脱毛に共通して言えることです。
期間を決めて契約している場合でも、妊娠を理由に期間を延長してくれるところもあるので、通っているサロンや病院・クリニックの対応を確認しましょう。

妊娠中に脱毛した場合の影響

では、妊娠に気づかずに脱毛してしまった場合でも、何の影響もないのでしょうか?

脱毛に使うレーザーやフラッシュ、ワックスやクリームなどが直接影響を及ぼすことはありません。
しかし、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は痛みを伴いますので、その痛みで子宮が収縮してしまう可能性はあります。
また、クリームやワックスは、妊娠中の肌には刺激が強く炎症やかぶれが起きてしまうことがあります。

自宅での除毛

妊娠中の脱毛は避けたほうがいいということはわかりましたが、それでもアンダーヘアーのむだ毛は気になりますよね。
そんな時に自宅で除毛する際の注意点がいくつかあります。

顔用シェーバーを使用する

湯船で十分に体を温め、毛が柔らかくなった状態で除毛を行ってください。
その際、シェービング用のジェルや石鹸・ボディーソープなどの上から優しくなでるようにしましょう。

処理後

むだ毛の処理が終わったら、ローションやクリームで念入りに保湿をしましょう。
もともと妊娠中の肌は乾燥しがちです。
除毛することで角質が傷つきさらに乾燥しやすくなるので、除毛後の保湿は必須です。

まとめ

妊娠中の脱毛は赤ちゃんやお母さんに直接的な影響はないものの、肌のことや脱毛の効果を考えて控えたほうがよさそうです。
通っているサロンや病院・クリニックによって妊娠に対する対応が変わってくるので、もしも妊娠に気づいたときは、すぐに連絡して対応を確認しましょう。
自宅での除毛にも注意が必要なので、十分配慮して処理を行ってくださいね。

確実な効果、安心面で選ぶなら医療脱毛!

人気の医療レーザー脱毛ランキング

医療レーザー脱毛
クリニックランキングはこちら